qrcode.png
http://m-kaeru.com/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社松元建設
〒885-0016
宮崎県都城市早水町21-11-2
フリーダイヤル.0120-844-981
FAX.0986-26-7327
 

新築モデルハウス

 
 
常設展示場モデルハウス

 

パッシブソーラー床暖房住宅
平成22年度 国交省「先進的モデル事業 超長期優良住宅」に採択の建物
(建築家・工務店・山との協同により採択)
吉野杉 八溝桧(国内最北端) 宮崎県森林認証木材 桧土台 通し柱に4寸×8寸角 乾燥木材 杉の三層パネル(合板を使用しない構造) 桐 薩摩中霧島壁 土佐和紙使用の無垢自然素材住宅
   
   
新築モデルハウス内観
○昔の町家は屋根に軒・格子を連ね、独特の美しい景観を作り出していました。
密集した敷地に青空の見える宇宙を創って自然界とつながろうとした伝統と心情を現代生活に蘇らせようという住まいづくりが陽向町屋です。南側の庭以外にも 照明を当て、庭の木や草花も部屋の一つとして考えた住まいです。
建物にベース(2階建て部分)と下屋(平屋部分)を配置して、凸凹ができると、そこを寸庭または坪庭にしようという考えです。 

○これまでの一般的な住まいは、家族の要望を満たす「間取り」をプランの基本にしていますが、年月と共に生活も家族も変化して行きます。使わなくなった部屋は物置になってしまいますが、躯体(スケルトン)を丈夫な物にし、内部(インフル)はその時々に合わせ、自由に変えられるよう可動間仕 切の収納等で構成しようという考えです。

○平角スケルトン
構造材となる隅柱は阪神淡路大震災で問題にされた接合部の断面欠損を避けるため、4寸角材2本分の大きさの平角材(120×240)を用いています。壁はベースの幅に対して最低1/3のルールを守り、地震に強い耐力壁になっています。
 
 

東西南北と風が抜ける

 

書斎と和室ダイニングリビング

 
川を越えて風が来る
   
○陽向町屋と一坪里山
陽向町屋はデッキの庭を中心に居間と寝室、そして洗面浴室トイレの下屋部分がつながり和室書斎は北側の庭に面しています。
庭は山桜、山もみじ、くぬぎ、かし等の椎木、山野草で一年を通じ里山の四季を感じる事ができます。またデッキの中に一坪山里を設け、自生の草花と、昔からの地元のメダカが泳いでいます。
今、自生種の草花は外来種に追われて絶滅危惧種がどんどん増えています。一坪里山で育て、多くの方に株分けして育てて頂きたいと思っています。 

○薪ストーブ
赤く燃える炎は心まで暖かくしてくれます。フランクロイドライトは、住まいに必要なものとして、火と水と緑を挙げています。
火のそばには家族の談笑があります。炎のゆらめきは、時間を忘れさせてくれます。
 
 
薪ストーブ
 
   
森林写真
○近くの山の木で家をつくる運動
日本は国土の2/3が森林によって覆われています。
海岸線の町や盆地の町など、どの町を流れる川も遡ってゆけば、緑の山々にたどり着きます。この山々に異変が起きています。
破壊的な山の荒廃です。輸入材に押されて日本の山の木が売れなくなり、人の手が入らなくなったからです。
弊社では、構造材の全てと床や壁の内装材もできるだけ地域材を使用し、陽向町屋は、50年、70年、80年と計画伐採されている特定の山と契約し、「近くの山の木で家をつくる運動」に参加しています。
   
一坪里山
デッキの一部に一坪里山をつくっています。
空地も部屋の一部である。これまで家の外と考えていた庭も家の一部であり、むかしの町屋の中庭はまさにそうという物でした。
全国的にもキキョウやリンドウまでが絶滅危惧種の対象になっています。環境省が発行している「植物レッドデータブック」には、1665種類の絶滅危惧植物がリストされています。
私たちは個々の家の庭に「一坪里山」を設け、失われてゆく草花を育て、株分けするお手伝いができないか?と思っています。
 
 
ウッドデッキ
リビングに座って目の高さで草花が見える
庭には60種類以上の山の木と山野草が植えてあります。
   
※カフェについては料金は頂いていません。
※営業許可を取ったカフェではありません。

平日の見学を御希望の方は、下記までお電話ください

 

お問い合わせ先TEL 0120844981

 

【所在地】三股町大字樺山4844番地6

※地図は左の画像をクリックで拡大します。

 

 

   

【完  成】平成23年8月末 完成

【建物延床面積】138.89m2(42坪)
【敷地面積】380.01m2(114.95坪)南と東道路 6m×6m
【その他】車庫・外構・造園・照明・カーテン完備
 

・[国交省認定] 先導的モデル事業に採択の建物山と建築家工務店協同による採択
・太陽熱で床暖房をする「そよ風」導入の家
・薪ストーブ、セルロースファイバー断熱、宮崎県森林認証杉材、土台D1ヒノキ(D1材とは劣化が少なく薬剤注入を必要としない木材)にさらに無農薬系防蟻剤処理、吉野杉、国内最北端八溝桧、桐、土佐和紙、薩摩霧島壁、木製引き戸、通し柱に4寸×8寸角、モイス面材、アイランド型造作キッチン、ハーフユニット造作バス、造作洗面化粧台、天然塗料、カーテン(ローマンシェード、ハニカムスクリーン、ロールスクリーン)、照明設備

 

 

モデルハウス販売のご案内

モデルハウス販売のご案内
 
当モデルハウス販売のご案内
 
値下げしました!        
特別価格 2,880 万円 → 2,780 万円(税込)
 

○『国交省認定』先導的モデル事業に採択され、長期優良住宅の認定を取得した建物です。
○太陽熱で床暖房する「そよ風」導入の家です。
未使用、未住居のモデルハウスです。
 
   
基礎断熱 立ち上がり部分と土間部分に75mmポリスチレンフォーム施工
壁断熱  セルロースファイバー120mm断熱
天井断熱 セルロースファイバー200mm断熱
宮崎県森林認証杉材使用,土台桧DI材120角(DI材とは劣化がなく薬剤注入を必要としない木材)にさらに無農薬系防蟻剤処理,ベタ基礎150mm厚コンクリート,床材吉野杉(30mm浮造り仕上げ),2階床材36mmの杉3層パネルにて鋼床仕様 桧幅はぎ材(国内最北端八溝桧材),桐床材,土佐和紙,薩摩中霧島壁,大間口木製引き戸,4寸柱と通し柱に12cm×24cmの平角材使用,モイス面材,アイランド型造作キッチン,ハーフユニット造作バス,造作洗面化粧台,天然塗料使用,カーテン(ハニカムスクリーン ローマンシェード ロールスクリーン),照明設備, デッキ(レッドシダー)他、車庫・外構・庭完備
 
【土  地】 380.01m2…114.95坪
【建  物】 延床面積 138.89m2…42.01坪
       建築原価(税込)2,983万円 → 経費を上乗せしていない正味の建物価格です。
       土  地     855万円
          計    3,838万円 →  特別価格設定 (お問い合わせください。)
 
 
値下げしました!
☆上記価格を破格の特別価格2,780万円(税込)で販売します。
平成23年8月末完成し、モデルハウスとして使用中。
床壁天井等全無垢材の使用で風合いが増した経年美化の建物です。
 

新築注文住宅に関するページは以下からチェック

新築注文住宅に関するページは以下からチェック
       
<<株式会社松元建設>> 〒885-0016 宮崎県都城市早水町21-11-2 TEL:0120-844-981 FAX:0986-26-7327